1.介護・医療・年金対策:安心・安定の社会保障をつないでいくために
  • 年金制度を持続可能なものとし、若者の給付水準の確保等を図るための制度改革に取り組み、若者も高齢者も安心できる年金制度を運用します
  • 介護離職ゼロに向けて、介護職員の月額平均1万円以上の処遇改善を行いました。介護基盤を50万人分増やします
    2.子育て・教育支援:子どもたちが生まれや育ちによって教育や就職の機会を制限されることのないように
  • 幼児教育および保育の無償化の実現を目指します
  • 病児保育制度の充実、地域の保育シェアシステムづくりなど、多様な保育制度をつくります
  • 男女が仕事と家庭を無理なく両立できるよう、働き方改革を推進します
  • 2017年度より、給付型奨学金の創設が実現しました。今後はさらなる拡充と無利子の貸与型奨学金の充実に努めます
  • ひとり親家庭や児童養護施設の児童の放課後における居場所づくりや学習支援を充実させます
    3.障がい者支援・病気対策:特別な配慮を必要とする人々が安心して暮らせるように
  • 障がい者の円滑な社会参画につながるよう、ユニバーサル社会実現法案(議員立法)の成立を目指しています
  • 障がい者の雇用・起業を支援し、自立できる収入とやりがいを得られる環境整備に取組んでいます
  • 外見上、障がいや病気が見えにくい方々も必要な配慮を受けやすくなるよう、「ヘルプマーク」の全国普及を進めています
    4.中小企業振興:地場産業を、稼げる産業に!
  • ものづくり補助金の獲得やICT投資を支援し、企業の設備投資の充実を手助けします
  • 地場産業のブランド化促進と海外販路の開拓を目指します
  • 職人の社会的地位の向上と経済的な安定に繋げるため、日本版マイスター制度の確立を目指します
    5.げんきな農林業:収入の安定と、担い手の確保を
  • 農業農村整備(土地改良)の予算確保に取り組みます
  • 平成30年産からのコメの生産調整制度見直し後の具体プランを明確化するとともに、真の担い手に役立つ所得補償制度の確立を目指します
  • 地元農産物の海外販路の開拓を支援します
    6.災害対策:予測できない災害から、皆様のいのちと暮らしを守るために
  • もぐり橋およびの解消をはじめ、橋梁の建て替え、河川改修の早期実現を推進します
  • 昨今の集中豪雨による水害対策への予算確保を目指します
  • 乳幼児や子育て中のママ、高齢者、障がい者、病人等の要配慮者が避難しやすい避難所の整備を進めます
1.少子化・人口減少対策 2.経済対策 3.地方創生 4.社会保障制度(安心づくり) 5.教育・労働(人づくり) 6.農業対策(産業づくり)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加